CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
関連
管理人の作品
★クイズ作りの参考にした本
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
高師直の代筆ラブレター
◆高師直の代筆を頼んだラブレター、その結果は?

高師直(こうのもろなお、?〜1351)は、南北朝時代の武将。元弘の乱以来足利尊氏に従って室町幕府創立に寄与,その執事として活躍し,足利直義と対立した。やがて1351年直義党に敗れ,帰順して帰京の途中、殺された。

この高師直が権勢ををふるっていたころ、ある人妻に熱をあげて、その思いをつづろうと思ったが、うまく書けない。そこで『徒然草』で有名な吉田兼好に、ラブレターの代筆を頼んだという。その結果はどうであったか。

ア)説教の好きな僧・吉田兼好は、人妻にラブレターを書くなどもっての他と断り、逆に諄々と説教をした。

イ)粋な吉田兼好は、気軽に代筆を引き受け、その名文によって高師直は、見事に相手の女性の心をつかんだ。

ウ)代筆は引き受けたが、貞淑な人妻は、まったく心を動かさず、高師直はふられた。吉田兼好も代筆業に自信をなくし、その後、土地の斡旋業を始めた。

☆正解はコメント欄に

JUGEMテーマ:歴史
| 日本史:室町時代 | 19:41 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
金閣寺の各層の様式が違うには?
金閣寺◆金閣寺の各層の様式が違うのはどうしてか。

金閣寺は、京都市にある臨済宗の鹿苑(ろくおん)寺の俗称。14世紀末,足利義満が別荘「北山殿」を建て,死後遺命により夢窓疎石を開山として寺としたのに始まる。室町時代末に荒廃,江戸時代に本堂,書院など一部が再建された。創建以来残っていた金閣(舎利殿)は1950年放火により焼失し,55年復元。さて、この金閣の各層の様式が違っているのはなぜか。

ア)金閣は何回か半焼しており、その度に新しい様式で改築されたため、各層のつくりが違ってしまった。

イ)別荘として金閣をたてる際に、母や妻、子供たちの希望を義満がとり入れたため、統一性のないつくりになった。

ウ)貴族、武士、僧侶の上にたつことを示すために、寝殿造、武家造、禅宗の様式をとり入れた。

☆正解は、コメント欄にあります。


JUGEMテーマ:歴史
| 日本史:室町時代 | 12:02 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
日明貿易で人気だった日本の品
◆日明貿易で人気だった日本の品は何か

日明貿易(にちみんぼうえき)は、室町〜戦国時代に行なわれた日本・明国間の貿易。財源獲得の一助として1401年足利義満は遣明船を派遣。形式は朝貢貿易。04年明から日本にも勘合符が送られ,以後いわゆる勘合貿易(勘合符を使って行なわれた公認の貿易)となった。

ここでいう朝貢貿易とは、日本から朝貢品を献上するだけではなく、その見返りとして朝貢品の額をはるかに上回る下賜(かし)品が、明帝から与えられる。下賜品は銅銭(永楽銭)、生糸、絹織物、陶磁器、書画、薬など。日本からは、刀、馬、扇、硫黄が中国に持ち込まれた。

では、日本から持ち込まれた品々のうちで、もっとも人気が高かったのは何か。

ア)刀  イ)馬  ウ)扇  エ)硫黄

《入試練習問題》
足利[    ]は、明に朝貢し、遣明船を派遣した。

☆正解はコメント欄にあります。

JUGEMテーマ:歴史
| 日本史:室町時代 | 11:53 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
盆踊りのルーツ
◆盆踊りのルーツは?

盆踊は、盂蘭盆(うらぼん)の7月15日を中心に,老若男女が大勢参加して,広場や道路でおどる踊りだが、これは、室町時代の初期には成立していたと思われる。盆に訪れてくる精霊を迎えて慰め,送る風習に発した踊りと考えられている。全国的に分布するが,形態はさまざまである。

そのルーツや意味の説明として間違っているものを選べ。

ア)「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」と念仏を唱えながら、鐘や太鼓にあわせて踊る念仏踊りから発展した。

イ)先祖供養のほかに農作物のみのりを祖先の神々に感謝する意味があった。

ウ)鎌倉時代には浄土教系や日蓮宗などの新仏教が、武士や庶民の間に普及した。また中国大陸から禅宗もつたわっており、盆踊りはそれら新仏教や神道が融合した先祖供養から生まれた。
JUGEMテーマ:歴史
| 日本史:室町時代 | 21:44 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |