CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
関連
管理人の作品
★クイズ作りの参考にした本
MOBILE
qrcode
<< 秀吉の朝鮮侵略 | main | 信長・秀吉・家康の違い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
慶長の役の発端
◆慶長の役の発端とは?

豊臣秀吉による二度目の朝鮮出兵「慶長の役」は、秀吉がある出来事に激怒したことが発端だという。その出来事とはなにか。

ア)明の使い、沈惟敬(しんいけい)が、日本を属国とみなすような無礼 
  な態度をとったため。

イ)日本兵の戦死者の耳が大量に送りつけられてきたから。
 
ウ)明に「日本の統治を認める」といわれたから。

 ☆正解はコメント欄にあります。

JUGEMテーマ:歴史
| 日本史:戦国、安土・桃山時代 | 17:34 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:34 | - | - | pookmark |
コメント
正解:ウ)

文禄の役で日本軍は、20日ほどで漢城(ソウル)まで突き進む快進撃を見せたが、やがて朝鮮民衆のゲリラ戦や明の援軍に苦戦し、また海上輸送の水軍は、朝鮮の名将・李舜臣によって打撃を受けた。、厭戦気分が強くなった日本軍は、10ヵ月後に釜山までひきあげた。

秀吉は朝鮮での戦況を正確に把握しておらず、勝ったと思い込んでいたらしく、明国の使いに向かって、明国皇帝のむすめを日本の天皇の妃にすること、その他の講和条件をもちだした。小西行長も明の使節もこのような条件を明の皇帝が受け入れるはずはないと考えて、「明の属国になって朝貢したい」という内容の偽の手紙を作って、明に送った。2年後(1596年)には、それを受けて明から、「なんじを日本の国王にする」という国書をわたされ、秀吉は激怒した。
| 正解 | 2008/08/10 5:36 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://histons.jugem.jp/trackback/23
トラックバック