CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
関連
管理人の作品
★クイズ作りの参考にした本
MOBILE
qrcode
<< 盆踊りのルーツ | main | 金閣寺の各層の様式が違うには? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
日明貿易で人気だった日本の品
◆日明貿易で人気だった日本の品は何か

日明貿易(にちみんぼうえき)は、室町〜戦国時代に行なわれた日本・明国間の貿易。財源獲得の一助として1401年足利義満は遣明船を派遣。形式は朝貢貿易。04年明から日本にも勘合符が送られ,以後いわゆる勘合貿易(勘合符を使って行なわれた公認の貿易)となった。

ここでいう朝貢貿易とは、日本から朝貢品を献上するだけではなく、その見返りとして朝貢品の額をはるかに上回る下賜(かし)品が、明帝から与えられる。下賜品は銅銭(永楽銭)、生糸、絹織物、陶磁器、書画、薬など。日本からは、刀、馬、扇、硫黄が中国に持ち込まれた。

では、日本から持ち込まれた品々のうちで、もっとも人気が高かったのは何か。

ア)刀  イ)馬  ウ)扇  エ)硫黄

《入試練習問題》
足利[    ]は、明に朝貢し、遣明船を派遣した。

☆正解はコメント欄にあります。

JUGEMテーマ:歴史
| 日本史:室町時代 | 11:53 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:53 | - | - | pookmark |
コメント
正解:ア)

室町時代の日本刀の輸出量は少なくとも20万本。贈答用を含めれば50万本になったという。日本刀の人気の理由は、その抜群の切れ味にあった。当時の世界で使用されていた刀剣類は、重さを生かして叩きつけるものか、突き刺すものがほとんどで、日本刀のようにカミソリのような切れ味をもった武器は少なかったという。

《入試練習問題》正解:義満
| histons | 2008/11/14 11:57 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://histons.jugem.jp/trackback/27
トラックバック