CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
関連
管理人の作品
★クイズ作りの参考にした本
MOBILE
qrcode
<< 日明貿易で人気だった日本の品 | main | 富士川の戦 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
金閣寺の各層の様式が違うには?
金閣寺◆金閣寺の各層の様式が違うのはどうしてか。

金閣寺は、京都市にある臨済宗の鹿苑(ろくおん)寺の俗称。14世紀末,足利義満が別荘「北山殿」を建て,死後遺命により夢窓疎石を開山として寺としたのに始まる。室町時代末に荒廃,江戸時代に本堂,書院など一部が再建された。創建以来残っていた金閣(舎利殿)は1950年放火により焼失し,55年復元。さて、この金閣の各層の様式が違っているのはなぜか。

ア)金閣は何回か半焼しており、その度に新しい様式で改築されたため、各層のつくりが違ってしまった。

イ)別荘として金閣をたてる際に、母や妻、子供たちの希望を義満がとり入れたため、統一性のないつくりになった。

ウ)貴族、武士、僧侶の上にたつことを示すために、寝殿造、武家造、禅宗の様式をとり入れた。

☆正解は、コメント欄にあります。


JUGEMテーマ:歴史
| 日本史:室町時代 | 12:02 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:02 | - | - | pookmark |
コメント
正解:ウ)

初層は寝殿造風、2層は武家造の様式、3層は禅宗の仏堂様式となっている。
| histons | 2008/11/14 12:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://histons.jugem.jp/trackback/28
トラックバック