CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
関連
管理人の作品
★クイズ作りの参考にした本
MOBILE
qrcode
<< 流行歌好きの法皇 | main | 義経の容貌 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
源義経の人気はいつから
◆源義経の人気はいつから始まったか?

源義経(1159〜1189)は、源義朝の子。幼名牛若丸。平安末〜鎌倉初めに活躍。平治の乱で捕えられ、京都の鞍馬寺に入った。のがれて陸奥の藤原秀衡のもとで成長。1180年兄頼朝の挙兵を聞き、参加。84年源(木曽)義仲を討ち,一ノ谷で平敦盛らを殺し、85年総帥として屋島から壇ノ浦に至り平氏を全滅させた。しかし後白河法皇の信任を得ていたことなどから頼朝にきらわれ鎌倉に入ることを許されなかった。再び秀衡を頼ったが,秀衡の没後頼朝に屈した子の泰衡のため衣川で殺された。

この栄光と悲劇の短い人生のためか、現代に至るまで義経は国民的な人気を保つ。では、この人気はいつから始まったのか。正しいものを選べ。

ア)ヒーローとしての義経への賞賛は、その存命中からすでにあった。

イ)源義経が悲劇的な死を遂げた直後から、じわじわと人気がではじめた。

ウ)源義経とその主従を中心に書いた軍記物語『義経記』(ぎけいき)が、南北朝時代から室町時代初期に成立したと考えられ、それとともに国民的人気が広がった。

☆正解はコメント欄に

JUGEMテーマ:歴史
| 日本史:鎌倉時代 | 12:44 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:44 | - | - | pookmark |
コメント
正解:ア)

右大臣・九条兼実は、西国へ落ちる義経を「武勇と仁義に於いては後代に佳名をのこすか、嘆美すべし」と書き残し、存命当時から義経がヒーローと見なされていたことが分かる。
| histons | 2008/11/14 12:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック