CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
関連
管理人の作品
★クイズ作りの参考にした本
MOBILE
qrcode
<< 綿織物工場で女性が多かったのは? | main | 最多の人々を集める宗教施設 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
発明家たちの運命
◆産業革命時の次の発明家たちのうち、発明で特許をとり、大成功をおさめたのは?

ア)ジョン・ケイ(1733年、飛び杼を発明)  

イ)ハーグリーヴズ(1764年、同時に複数の糸を紡ぐジェニー紡績機を発明) 

ウ)アークライト(1769年、水力紡績機を発明)

エ)カートライト(1785年、力織機を発明)

正解はコメント欄に入れます。

JUGEMテーマ:歴史
| 世界史:19世紀の世界 | 23:04 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:04 | - | - | pookmark |
コメント
☆正解:ウ)

ジョン・ケイは、織布工の迫害を受けて生地を離れ、業者との訴訟費用を払えず破産。ハーグリーヴズは、暴徒に機械を破壊される。カートライトは、工場が焼き討ちにあい、破産。

1769年、アークライトののみ、この発明で特許を取り、水力紡績機の工場が各地で建設され大成功であった。


| 正解 | 2009/02/22 11:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://histons.jugem.jp/trackback/66
トラックバック