CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
関連
管理人の作品
★クイズ作りの参考にした本
MOBILE
qrcode
<< オーウェンの施策 | main | 幕末に蒸気船をつくった藩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
日本人が造った蒸気船
◆蒸気船造りのため、大村益次郎を雇ったのは何藩か。

日本人を駆り立てて明治維新を成立させたのは、江戸湾でペリーの蒸気軍艦を目撃したとき(1853年)の衝撃であったといっても過言ではない。ところで蒸気船を見て「自分もあれをつくろう」と、戦慄とともに決断した三人の藩主がいた。薩摩の島津斉彬、佐賀の鍋島直正、宇和島の伊達宗城(むねなり)である。彼らは、江戸城において「三藩、互いに競って、競争であの黒船をつくろうではないか」と約束したという。そして三年後にに彼らの率いるこの三藩が、相前後して黒船を造ることに成功したのである。そこで問題は、上の三藩のうち、大村益次郎を雇ってその任に当たらせたのは、どの藩か。

ア)薩摩藩の島津斉彬   イ)佐賀藩の鍋島直正  ウ)宇和島藩の伊達宗城

大村益次郎〔1824〜1869〕は、幕末の兵学者であり、明治軍制の創設者。旧名は村田蔵六。長州藩の医者の子。大阪の緒方洪庵の門で蘭学と医学を学ぶ。長州藩の兵制改革に力量を発揮。第2次長州征伐,戊辰戦争で軍事指導に才腕をふるう。明治政府の兵部大輔として近代兵制の樹立に尽力したが,反対派士族に襲撃され2ヵ月後に死亡。

☆なお大村益次郎が、蒸気船建造にいたる経緯については司馬遼太郎の『花神〈上〉 (新潮文庫)』に詳しい。

☆正解は、コメント欄にあります。

JUGEMテーマ:歴史
| 日本史:江戸時代 | 22:43 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:43 | - | - | pookmark |
コメント
正解:ウ)宇和島藩の伊達宗城

宇和島藩は、この三藩の中ではいちばん小藩で、しかも四国の僻地といってもよい場所にあった。しかし、きわめて学問ずきの土地柄で、とくに蘭学に熱心であった。伊達宗城自身が、江戸警備に出て海岸からペリーの蒸気船を見て、「あれを宇和島でつくろう」と国もとに命じたのである。
| 正解 | 2009/03/31 11:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://histons.jugem.jp/trackback/72
トラックバック