CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
関連
管理人の作品
★クイズ作りの参考にした本
MOBILE
qrcode
<< 戦場で旗をたてる意味 | main | 明智光秀の才能 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
神を信じぬ男とは?
◆神を信じぬ男とは?

ルイス・フロイス(Luis Frois:1532ころ〜1596/97)は、ポルトガルのイエズス会宣教師。東インドに派遣され、日本の事情をゴアでザビエルから聞いて1563年来日した。その著『日本史』は、戦国から安土・桃山時代の日本をしる貴重な資料だ。この本の中で、次のように描かれた人物は誰か。

「神仏その他偶像を信ぜず、宇宙の造り主や霊魂の不滅を信ぜず、死後何ものもなくなることを明らかに説いた。」

ア)齋藤道三   イ)武田信玄   ウ)織田信長   エ)豊臣秀吉

《入試練習問題》
1563年来日したポルトガル人宣教師[    ]は、信長の保護を受けてキリスト教の布教をした。その著者に[    ]がある。

☆正解はコメント欄にあります。

《戦国時代を知るには》
戦国武将・人気のウラ事情 (PHP新書 532)

JUGEMテーマ:歴史
| 日本史:戦国、安土・桃山時代 | 18:47 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:47 | - | - | pookmark |
コメント
正解:ウ)
織田信長は無神論者だった。

《入試練習問題》正解:
ルイス・フロイス、『日本史』
| 正解 | 2008/07/19 6:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://histons.jugem.jp/trackback/8
トラックバック