CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
関連
管理人の作品
★クイズ作りの参考にした本
MOBILE
qrcode
<< 超高層ビルの伝統技術 | main | 三浦按針と宣教師 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
名行列は朝何時頃出発したか?
◆「お江戸目本橋七ツ立ち……」と、歌にはうたわれているが、大名行列は、朝何
時頃宿場を立ったか。普通の旅人は、午前4時(七ツ)頃出発していた。

ア)普通の旅人と同じように,午前4時頃出発した。つまり「七ツ立ち」であった。

イ)旅の経費を節約するため、午前3時には出発し,少しでも長い距離進むようにした。

ウ)普通の旅人より少しおそい、午前5時頃出発した。

エ)殿様は、夜ふかしと、朝寝ぼうをする人が多かった。それで行列中も出発は午前7時より早くなることはなかった。だいたい7〜8時の間に出発した。

☆正解は、コメント欄にあります。

JUGEMテーマ:歴史
| 日本史:江戸時代 | 22:42 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:42 | - | - | pookmark |
コメント
正解:ア)

庶民と同じで、七ツ(午前4時)立ちであった。電燈のないころだから、夜もそんなにおそくまでおきているわけにはいかなかった。そして、タ方宿場に入るのは「夜五ツ(午後8時)」で,かなりの強行軍であった。経費節約のため、それも仕方なかったのだろう。

ちなみ、大名行列の規模は、20万石以上→15〜20騎,足軽120〜130人,中間人足250〜300人。加賀百万石になると2000人以上であったという。
| 正解 | 2009/05/31 10:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://histons.jugem.jp/trackback/82
トラックバック