CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
関連
管理人の作品
★クイズ作りの参考にした本
MOBILE
qrcode
<< ペリー、ハリス、オールコック? | main | 皇帝の称号の始まり >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
新撰組と亀山社中の給料

 ◆新撰組と亀山社中ではどちらが給料が高かった?

ア)命をかけて戦う新撰組の方が給料は高かった。

イ)どちらも同じような額で、月4両〜5両だった。(現在の金で1両6〜7万か)

ウ)日本初の株式会社とも言われた亀山社中の方が給料は高かった。

 

☆このクイズは、『 先生の雑談 日本史の時間  』の中の記述を参考にして作りました。


☆正解はミラーブログのコメント欄にあります。


UGEMテーマ:日本史

 

| 日本史:江戸時代 | 19:15 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:15 | - | - | pookmark |
コメント
正解:ア)

当時の武士たちはほとんどが年俸制であったが、新撰組は月給制であった。給料は江戸幕府のお金が会津藩を経由して支払われた。局長の近藤勇は50両、副長の土方歳三は40両、組長の沖田総司らが20両、平隊員で10両だった。

亀山社中の給料は、薩摩藩から支払われ、一律3両2分であった。
| 正解 | 2009/09/22 7:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://histons.jugem.jp/trackback/92
トラックバック